好きなことの見つけ方4選

どーも、RACCOGARDENのグラです。
あなたは、好きなことはありますか?
意外とこの質問にはっきり答えられない人も
多いそうです。
たいていの場合、大人になると仕事に追われて
生活するので精一杯。


好きなことなんてしている暇もない、という人もいます。
しかし、それではあまりにもったいないのではないでしょうか。
でも、好きなことがそもそもなかったり、
熱中できるものが見つからないと思う人もいると思います。
そこで、今回は、自分の本当に好きなものを
見つける方法を紹介していきたいと思います。

その1 心と体を休める

まず、楽しいことをするにも
身体的にもメンタル的にも
元気がなくては不可能
です。
仕事なんかで疲れ果てている場合
とりあえず休まなければ始まりません。
確かに仕事は、重要です。


頑張るに超したことはないでしょう。
しかし、メリハリだって大切です。
楽しみがあっての仕事なので、
まずは体を休めましょう。
元気がないと楽しめるものも
楽しめなくなってしまいます。

日々、仕事に忙殺されている人は、
思いきって仕事を休むことも考えましょう。


日本人ほど働く人種もそういません。
しかも、非効率的でただの根性論のような
働き方の所もまだまだあります。
仕事で人生無茶苦茶になるくらいなら、
辞めるのだってありなはずです。

その2 一週間休みになったら何をしたいか考える

まず、好きなことをやるにも
体力が必要なのを紹介しました。
本題はここからです。
時間と体力はあるとして、でもやりたいことも
好きなことも見つからない。
そんなときは一週間休みになったら
何をしたいかを考えてみましょう。


この時に、重要なコツがあります。
それは、制限をかけないことです。
人は知らず知らずのうちに自分に限界を作っています。
旅行に行きたいけどお金がないとか、
新しく習い事をしたいけど、若くないとか
勝手に制限を設けています。
しかし、そんなの関係ありません。
やりたいものをやるべきです。


たしかに、どうしても今はできないということも
中にはあるでしょう。
例えば今で言うと、コロナの影響で
旅行に行きたくても行くことは難しいです。
しかし、だからといって考えるのも
辞める必要は無いはずです。
まずはやりたいことを考えてみる。

どんな制限もないとしたら、
あなたは1週間休みをもらって何をしますか?

この質問を投げかけると、
少しはワクワクするはずです。
そして、やってみたいと思えるものが
少しは頭に浮かぶのではないでしょうか。
それを書き出してみましょう。
数もいくらでも問題ありません。

考えるのは、タダです。
頭の中でまずはやりたいことをイメージしましょう。

その3 子供の頃に好きだったことを思い出す

子供の頃は、自由な時間がたくさん
あったと思います。
宿題や塾、習い事があったとしても、
好きなことをやる時間が少しはあったでしょう。
子供は、好きなものを自由に好きと言えます。
制限もなく、純粋に楽しめるからです。
そして、大人になっても子供の時の資質は、
変わりません。


例えば僕は何かをコレクションすることと
フィギュアとかで一人で遊ぶのが幼い頃好きでした。
ポケモンの指人形が当時売られていたのですが、
それは151匹全て集めた記憶があります。
そして、そういった人形を使って
ヒトカゲを主人公に様々な冒険をする物語を
一人で作っていました。
今思うと暗い子供ですね(笑)
とは言え、それは今のシナリオライターの
仕事の基礎になっています。


どういう展開になれば面白いと感じるのかや、
ワクワクする展開なんかは、
そこで試行錯誤したのでしょう。
幸い僕は好きなことを仕事にしています。
だからこそ、楽しいと思えるものには敏感ですし、
嫌なことは本当にしたくありません。
子供の頃、とにかく楽しく遊んでいたものは
自分の好きな物の原点になっています。


ただ子供の頃におままごとが好きでも、
大人になってやれといっているわけではありません。
それはもしかしたら即興コントが好きなのかもしれないし、
演じる事が好きなのかもしれません。
何で遊んでいたかを思い出して、
その本質を見極めましょう。

その4 つい考えてしまうことをやってみる

ここまで読んでもなかなか好きなものが
見つからないというあなた。
なかなか手強いですね。
ですが、心配ありません。
必ず何か好きなことはあるはずです。


子供の頃やっていなくても、
疲れているときにでも、
ついやってしまうことはあるでしょうか?

そういったついやってしまうことも、
好きなものの一つです。


僕は、相当体調が悪くない限りは、
ブログはいくらでも書けます。
編集は面倒なので好きではないですが、
スマホなどに打ち込んだりして、
文書を書くのはなんてことない作業です。
つまり、文書を書くこと自体は好きなのでしょう。
あと、漫画も疲れていてもつい読んじゃいますし、
カードの絵柄を見てれば癒されます。


ここまで書くと小学生くらいの
好きなものにしか見えませんが、
自分が好きなんだから関係ありません。
仕事から帰ってきたとき、疲れててもついやっちゃう。
もしくは、やりたいと思えるものはありますか?
それは気づいてなくても好きなものである可能性が高いです。


YouTubeを見るでもお風呂に入るでもなんでもいいんです。
好きなものは理屈じゃありません。
どっちが高尚でどっちが偉いとかもないです。

なので、好きなものは好きだと言える範囲で
存分に楽しみましょう。

好きなことは心の栄養補給

毎日頑張りすぎると
心がすり減ります。

僕は、自分で言うのも真面目です。
しかし、社会人としてはかなり向いていない性質です。


学生時代でも頑張るけど、
頑張りすぎて途中で嫌になって
一回0にして休むというのを
繰り返さなくてはいけない性質です。
なぜか頑張らなきゃと思うと、
途中でどうでも良くなります。


だからこそ、好きなものを
日常に取り入れるしかありません。
好きなものは心の栄養です。
頑張ることも大切ですが、
自分を甘やかす時があってもいいでしょう。


ぜひ、あなたの好きなものを見つけて見てください。
そして、そのうえで好きなことをやって
楽しい日々を過ごしましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中